花王健康保険組合

花王健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

新着情報

[2018/10/24] 
2018年度 ジェネリック医薬品利用促進のご案内について

花王健康保険組合では、従来より被保険者・被扶養者の方を対象に医療費負担軽減と財政健全化を目的として、「ジェネリック利用促進のご案内」をお送りしております。

「ジェネリック医薬品利用促進のご案内」の内容について
現在服用中の新薬にジェネリック医薬品があるのか、またジェネリック医薬品に切り替えた場合、どれくらい自己負担額を軽減できるのかをお知らせするものです。

【通知書例】

    ※拡大版はこちら

 

対象者
医療機関や調剤薬局から薬を処方されている人で、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、自己負担額を軽減できる可能性がある方が対象となります。
 

ご案内
対象となる各加入者のご自宅へ郵送させていただきます。
発送予定日:2018年10月26日(金)

※切り替えをご希望の場合は、薬を処方している病院や薬局にて医師または薬剤師にご相談ください。
※委託先:株式会社 JMDCより発送されます。

 

お薬をジェネリック医薬品に切り替えるのが少し不安な方

 

「分割調剤(お試し調剤)」という一枚の処方箋で何日分かだけジェネリック医薬品を試せる方法があります】

処方箋に記載されている薬をすべての日数分渡すのではなく、希望する日数分だけを先に渡すシステムです。

はじめてジェネリック医薬品を使用する場合、まずはお試し期間として短期間後発医薬品を調剤してもらい、お試し期間が終了した時点で体調の変化や副作用がなかった場合には、そのままジェネリック医薬品を続けます。何か不都合な点があれば、変更前の先発医薬品(新薬)変更することができます。

※「分割調剤(お試し調剤)」をした場合、薬局に「後発医薬品分割調剤料」を支払うことになっています。詳しくは薬剤師にご相談ください。

 

「オーソライズド・ジェネリック」なら、成分だけではなく、製造方法まで完全に新薬と同一です】

「オーソライズド・ジェネリック」は、ジェネリック医薬品メーカーが新薬メーカーから製造の許諾を受けて製造しているジェネリック医薬品です。
新薬メーカーが特許の使用権を与えているため、そのメーカーとまったく同じ効果効能が期待でき、新薬よりも価格が安くなっています。これまで、添加剤やコーティングの違いから効き目や副作用が心配でジェネリック医薬品の使用を控えていた方も安心してお使いいただけます。詳しくは薬剤師にご相談ください。

 


問合せ先:花王健康保険組合 関
〒103-8210 東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
電話:03-3660-7681 (内線:8-1-7681)

ページ先頭へ戻る